暮らしの知恵袋

気を付けよう!「冬の食中毒」

20170313_03
食中毒と聞くと「夏場に注意しないといけない」と思っていませんか? 
大腸菌やサルモネラ菌などによる食中毒は夏に多く発生しますが、実は冬の方が注意が必要です。

hassei-chart01
厚生労働省の調査によると、
細菌よりもはるかに感染力の強いノロウイルスによる食中毒の約7割が、11月~2月に発生しているそうです。

301521
過去に発生した集団感染の多くは、最初に感染した人と接触したことで、
次の人へと広がったといわれています。対処法として、

●帰宅直後や調理の前などには、ハンドソープで10秒もみ洗い後、
 流水で15秒すすぎ。これを2回繰り返す。
●「生食用」と表示のない魚介類は、絶対に生のままで食べない。

まな板除菌
●まな板やふきん、台所の調理器具は、キッチン専用の除菌剤で消毒をする。

0000097266s
【厚生労働省が推奨する衛生的な手洗い法】
流水で手を洗った後、両手に洗浄剤を付け、

●手のひら・指の腹面
●手の甲・指の背面
●指の側面・つけ根
●指先・爪の間
●手首の内側・外側・側面

をよく洗い、流水で十分に洗い流します。
もう一度これを繰り返し、清潔なタオルで拭き、乾燥後アルコール(消毒液等)で消毒をします。

ウイルスは、低温や乾燥した場所で長く生きることができるので、
乾燥した冬はウイルスにとって、絶好の環境になります。
また、体調不良になるとウイルスに対する抵抗力が弱まるので、万全の体調を心がけることも大切です。
一人一人の予防が大切ですね。

ページトップへ戻る